HOME > ブログ >

製図とは?製図で出来るようになること


製図(せいず)とは、洋服を作るための型紙を書く技術のことです。
製図は、布を裁断するための正確なガイドとして使われます。

製図には4つのステップがあります。

1.デザインを決める:洋服のデザインを決めます。
2.採寸をする:作る人の体の寸法を測ります。
3.型紙を書く:測った寸法を元に型紙を書きます。
4.型紙を分割する:型紙を各パーツに切り分けます。

洋服を着て楽に感じるか、なんとなく着づらく感じるかは製図で決まります。


トミー洋裁学院では、「トミー式定規」を使いパターン(製図)を集中的に学ぶことができます。

今回は、製図の技術や知識を身につけることで、できるようになることを7つご紹介します。



製図で出来るようになること


⑴正確なパターンが作れるようになる


体型やデザインに合わせた精密なパターン(製図)が作れるようになるので、フィット感のある洋服を作ることができます。


⑵オリジナルデザインが作れるようになる


自分のアイディアや好みに合わせた独自のデザインを形にすることができます。


⑶サイズ調整が出来るようになる


既存の型紙を自分や他人の体型に合わせて修正できるので、最適なサイズに調整することができます。


⑷無駄なく生地を使うことができる


効率的に生地を配置・裁断することで、無駄を最小限に抑えることができます。


⑸複雑なデザインが実現できる


高度な製図技術を習得することで、複雑なデザインや構造を持つ洋服を作ることができます。


⑹洋服を高品質な仕上がりにできる


細部までこだわった正確な製図により、プロフェッショナルな仕上がりの洋服を作ることができます。


⑺独立やビジネスの展開ができる


製図スキルを活かして、自分のブランドを立ち上げたり、オーダーメイドのサービスの提供、洋裁教室を開くことが可能です。



製図がわかれば流行や体型の変化にも充分対応でき、ながく洋裁を楽しむことができます。

そして、洋裁を趣味として楽しむだけでなく、プロとしてのキャリアにも役立ちます。


トミー洋裁学院では、「トミー式定規」を使いパターン(製図)を3段階のカリキュラムで集中的に学ぶことができます。

わかりやすいオリジナルテキストもついていますので、「どんなデザインでも自分で作れるようになりたい」と思う方は、ぜひ製図科(パターン科)からスタートしてください。




もっと詳しく知りたい方へ


トミー洋裁学院の公式LINEでは、洋裁に興味を持っている方や詳しく知りたい方向けに、動画情報を定期的に配信しています。

公式LINE 配信内容

・洋裁の基本情報:洋裁の基礎知識や道具の使い方、縫い方など、初心者向け情報

・洋裁のテクニック:より高度なテクニックやアレンジ方法、デザインのポイントなど上級者向けの情報

・洋裁に関するQ&A など





トミー洋裁学院では、洋裁の基礎から応用まで幅広い内容をカバーし、初心者から上級者まで学びたい内容を選択できるコースを用意しています。

トミー洋裁学院の公式LINEでは、その一部を抜粋して動画で紹介しているので、洋裁の楽しさや技術をより深く理解して、洋裁を通じたファッションの世界に触れることができます。

ぜひ、トミー洋裁学院の公式LINEをチェックしてください!

記事一覧に戻る